出産内祝いとお返し

子供が生まれるということは、大変おめでたいことです。
赤ちゃんの誕生というものは、掛け値なしの嬉しさがこみあげてくるでしょう。
そんな時に、出産のお祝いを贈るということは自然な気持ちの表れであったりするものです。
出産のお祝いには、内祝いというものがあります。
本来は、親しい人や身内と出産のよろこびを分かち合いたいという気持ちで送ったものでした。

宴席を設け、一緒にお祝いしてもらうとともに、お祝いの品として贈ったのが内祝いです。
そのため、出産のお祝いを贈った後に貰うものではありませんでした。
現在では、先にお祝いがあり、そのお返しとして贈るのが、出産内祝いに変化してきています。
お祝いをいただいたのですから、感謝の気持ちとして贈るもので、大事なコミュニケーションであるといえるでしょう。
特に名前が決まっていなかったときには、新たな名前を知ってもらったりするためにも重要な意味を持ちます。

お祝いという名前はついていても、お祝い返しという意味合いのほうが大きくなってきたことも確かです。
マナーにも気を付けていかなければいけないもので、失敗すると大変礼を失することにもつながってしまいます。
相手に喜んでもらうものを贈ることも必要ですが、どんなタイミングでどの程度の金額を返すのかもよく考えなければいけません。
では、この出産内祝いをいただいた場合、お返しをどうするのかということを考える人もいるでしょう。
お祝いとしての性質を考えるとともに、マナーを含めて考えてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2014 出産内祝いにお返しするもの? All Rights Reserved.